特定商取引法に基づく表示ってなに?

特定商取引法に基づく表示ってなに?

インターネットで買い物をしているときによくみる特定商取引法に基づく表示、これはどういうものなのかわからない方も多いのかなと思います。

もちろん、ブレイキングプロジェクトもしっかりと沿って書いてあります。

今一度この特定商取引法について調べておきましたので、みてください。

ブレイキングプロジェクトに参加!
人生を豊かにする♪

特定商取引法の意味とは?

インターネット上での商品の販売には必ず自社の情報や連絡先などを表記しないといけないという法律が義務付けられています。つまり記載しないといけないってことです。

特定商法取引法を無視して、情報の詳細が不明、記載が無いのは、規約違反になる可能性が高いです。

インターネットのビジネスには中には悲しく、怪しいところも多いところです。それを見分けるためにはかなり有効だったりします。

怪しいところに惑わされないには

ネットビジネスやインターネットでの副業などで、この特定商法取引法は必ずチェックしなくてはなりません。

いざトラブルが発生してしまい、商品購入や投資に参加するも、返金ができない、連絡先がわからない、クレーム先がわからないといった後々の原因になる可能性があります。

特に副業やネットビジネスが初心者の方、未経験の方は、特定商法の記載が無ければその副業案件は避けられた方が無難だと思います。リスクを犯す必要もないですからね。

そういうことなので特定商法の記載は本当にお客様や消費者の方を守る法律なのでしっかりと意識しましょう。

特定商取引法の表示がない場合は?

止めたほうが懸命だったりしますが、特定商法取引法に沿って表示していないからといってけっしてその商品自体が悪いものかというとそうでないときもあります。表示していない時点で違反なのは間違いないですけど…。

しかしながら、法律を守る気がないのに信頼を得るというのはなかなか難しいことだと思います。

当たり前のことが出来ていないとか不気味すぎて買えないですよね?

そこは注意して自分でリスク管理をしましょう。

特定商取引法の注意点

いったい特定商取引法を見るときにどこをチェックをするかはわからないと思います。そこで確認するポイントをまとめてみましたので、参考にしてください。

①販売会社

②運営責任者

③販売商品名

④販売会社住所

⑤販売会社の電話番号

⑥商品に関する説明

この6つしっかりと記載しているのかみてみるといいでしょう、もしなければ規約違反です。

なければ安全じゃない可能性が高いので、信頼度をみる項目にはなります。

TOPページを見る